子供が生まれる前に決めておこう!アメリカでの子供のかかりつけ医
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

こんにちは、たまちゃんです。

出産も中期後半に差し掛かるとバースプランを完成させたり、荷物の準備をしたりと

にわかにあわただしくなってきますね!

そんな中でアメリカで出産するなら事前に決めておきたいのが子供のかかりつけ医です。

今日はアメリカでのかかりつけ医の選び方についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

アメリカで出産する際、事前にかかりつけ医を決めておく理由

退院後すぐに担当の小児科医に子供を見てもらわなければいけない

アメリカでの出産で事前にかかりつけ医を決めなければいけない理由は

事前に産婦人科や入院先の病院に伝達しておくことで

出生時の状態などの引継ぎをスムーズに行えるからです。

また、アメリカでは出産後2泊3日(入院時間によっては1泊3日)で退院した後

数日以内にはかかりつけ医に子供を見せなければいけません。

かかりつけ医になって貰う先生の病院はだいたい要予約のところが多いと思いますので

退院日が分かり次第、すぐにアポイントを取る必要があります。

なので、出産後に口コミを調べて~なんてしている時間はないんです。

かかりつけ医を選ぶ際のポイント

面談して決める方が多いです

最低でも以下の項目に自分で納得できるかどうかを確認しましょう。

  • インターネット上や知人等の評判
  • 自分の保険でカバーしてもらえるかどうか
  • 通院する際の移動時間や距離

出産以降、定期健診の度に顔を合わせる先生となりますので

実際会って人柄を確かめる等することをおススメします。

また、英語が苦手な方は母国語が通じればその方がマストではありますが

全米中のどこでも日本語が通じるお医者さんがいるわけではないので

多少コミュニケーションが難しいと感じても、きちんと説明をしてくれる先生を選ばれると良いと思います。

スポンサーリンク

シカゴ近郊 アーリントンハイツ付近にお住まいの場合

駐在員のご家庭はだいたい日本クリニックを選んでいる

日本クリニックを選ぶ理由は、ずばり「日本語が通じるから」です。

駐在家庭のお母さん方は私も含めて英語が得意!!という方は少ないので

言語が通じるというアドバンテージはやはり大きいです……。

甘えているな、と思いつつ数年間のことだしなぁと思うとついお世話になってしまいますね。

日本の予防接種のことなんかも合わせて相談が出来るので、その辺りは有難いです。

日本クリニック

所在地2010 S. Arlington Heights Road, #101
Arlington Heights, IL 60005
外来診察時間月~金 9時~17時
土 9時~12時
日祝は休診
小児科担当医松本先生
その他小児科の初診の問診票がWebサイトにありますが
アメリカで生まれた新生児には不要
Webサイトhttp://www.nihonclinic.com/japanese/clinics/chicago/index.html
MAP

面談する場合は余裕をもったスケジュールでアポイントを取りましょう

出産ギリギリでアポイントを取ってしまうと、早めに陣痛が来た場合に面談が出来なくなってしまうので

可能であれば体調の安定している妊娠中期に面談を済ませておきたいですね!

以上、「子供が生まれる前に決めておこう!アメリカでの子供のかかりつけ医」でした!

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

ポチっとしていただけると
励みになります!

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事