アメリカで切迫早産での入院した時の体験談
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

こんにちは、たまちゃんです。

第2子は今のところ順調に大きくなっているとのことで、ひとまず安心している今日この頃ですが

第1子の時は切迫早産で入院を体験しました。

色々体質など個人差があるのですべてが参考になるかはわかりませんが

今日はいつもと少し趣向を変えて、その時の体験談と得た教訓なんかを書きたいと思います。

スポンサーリンク

当時の環境について

当時の私のスペック

  • 年齢32歳
  • 初産
  • 妊娠糖尿病(食事コントロールで対応)
  • 産前より体重+4~5キロ程度

産前からそんなにスリムではなく、BMIはギリギリ普通に収まってるくらいでした。

特に既往症はなく、妊娠が分かったのと同時に妊娠糖尿病も発覚したちょっと珍しいタイプです。

妊娠中期の後半からマタニティヨガに通ったりしていました。

周囲の環境

  • 里帰り出産はなし(血栓が怖くて)
  • 親のヘルプもなし(母がアメリカに来てもできることが少ないという判断)
  • アシストは夫のみ(比較的色々手伝ってくれるタイプ)

当時はコロナの流行前だったので夫は通勤していましたが、割とフレキシブルに

在宅勤務も認めてくれる会社だったので、出産後はしばらく夫に在宅勤務をお願いする予定でいましたし

実際そうしてもらいました。

切迫早産の発覚

妊娠34週の定期検診時に陣痛が来ていることを指摘される

その日は丁度定期健診でNST(ノンストレステスト:新生児の心拍と母体のお腹の張りを計測するテスト)を

する日だったので、予定通りに夫と共に病院に向かいNSTを受けました。

NST終了後、普通に診察室に通されたので医師が来るまで待機していました。

医師が来ると診察台の上に下半身の服と下着を脱いで乗るように言われたので

指示通りにして診察台に横になると突然ものすっごい痛い内診をされました。

この時どうやら子宮口がどれぐらい開いているかを見ていたようです。

内診後、今陣痛来てるしなんなら子宮口4cm開いてるから今すぐ病院(出産する方)に行って!と言われましたが

正直何を言われているのか上手に呑み込めていませんでした。

だって陣痛来てるって言われても、私自身がそれを感じれていなかったので。

たぶんものすごく珍しい体質だと思いますが、痛いのわからないとそれはそれで怖いとこの時思いました。

そして普段診察を受ける産婦人科と出産する病院は同じ道沿いに建っているものの

歩くと1キロ以上ある距離だったので、この時は夫が一緒にいてくれて本当によかったです。

1人で行ってたらどうしていいか分からなくて余計にパニックだったと思います。

あんなに動揺したのは人生で2度目くらいで、入院する病院に行く前に借りたトイレで

手足が震えていたのを覚えています。

スポンサーリンク

そのまま入院することに

その日から3日間入院することに

救急ではなく通常の入り口から入って受付で事情を話すと、少ししてから産科の看護師さんが迎えに来ました。

着の身着のままで来てしまったので、とりあえず支給された入院着に着替えて陣痛を抑制する為の点滴をして

入院する上での注意事項を聞きました。通訳の電話をお願い出来たので難しい医療用語が

分からなくても何とかなりました。

この時、事前に出産の為に申請していた書類がまだ病院のデータに登録されていなかった様なので

兄弟父母祖父母の病歴の有無やアレルギーの有無などを聞かれました。

一番の苦痛はトイレに自分で行かせて貰えなかったこと

もちろん切迫早産であることも不安だったんですが

何より精神的に苦痛を感じたのは、絶対安静で寝たきりだったのでトイレも

自力で行かせてもらえなかったことです。

小さい方はカテーテルで(これがまたチューブが太いのか知らないですが傷がついて痛かった)

大きい方は寝た状態のままお尻の下に洗面器みたいなものを置かれるという……。

結局大きい方は出せませんでした。(精神的に無理でした)

色々検査はしたものの原因は不明

血を取られたり、エコーをしたり色々してもらいましたが結局早い段階で陣痛が来た原因は

分かりませんでした。

とりあえず陣痛は薬で収まったけど、いつまた陣痛来てもおかしくない状態だから

帰宅後もなるべく安静にして過ごす様に、と言われたのは入院して3日目のことでした。

いつまで入院と言われておらず、このまま産むのかな?と思っていたので

いったん帰宅できると聞いて嬉しいような、嬉しくないような複雑な心境でした。

陣痛が来ていることがもしまた分からないと、病院に来るタイミングが分からないと思ったからです。

その1週間後に破水して入院、出産しました

結局切迫早産で入院した日の丁度1週間後の深夜に自宅で破水、すぐに病院に向かいました。

それからは本当にあっという間にお産が進んで、深夜3時過ぎに破水して

その日の午前10時過ぎには出産というなかなかの安産でした。

娘は2200gで生まれてきたので、未熟児としてNICUに一時入りましたが

特に問題がなかったので2時間ほどで私のいる病室に戻ってきました。

35週になったその日に生まれてきたので、少し体が小さくて心配でしたが

その後、特に大きな病気もせず元気に育ってくれているので嬉しいです。

アメリカで切迫早産で入院して思ったこと

荷物は早めに準備しておいた方が良い

当たり前かもしれませんが、妊娠後期に入ると臨月でなくても出産ということになりかねないので

入院に必要な荷物は早めに用意しておいた方が良いと思いました。

私の場合、たまたま荷物をつめてあったので入院後夫に荷物を持ってきてもらうことが出来ました。

それでも直前で入れようと思っていたものなんかは入れていなかったので

夫に家と病院を数回行き来してもらいましたが。

女性特有の病気などで保険がおりる場合は請求を忘れない

私の場合、日本の保険で妊娠出産にまつわる入院などでも保険金を貰えるものに加入をしていました。

問い合わせたところ、診断書(英語可)を送って貰えれば保険金はいただけるとのことだったので

申請し、きちんと保険金も受領しました。

夫の駐在に帯同でついてきている方で、妊娠出産にまつわる入院などでも貰える保険に加入している場合は

忘れず問い合わせや申請をしましょう。

また、出産一時金も会社が日本の雇用保険をキープし続けている(有効な日本の保険証を持っている)なら

支払われるかと思うので、会社経由でになると思いますが、申請しましょう。

今回の出産は正産期になることを期待

現在妊娠中の第2子は正産期に生まれてきてくれるといいなって思うんですが

たぶん早産傾向よ、って最初から産婦人科の先生に言われているので

妊娠後期に入った最近はちょっとドキドキしながら過ごしています。

恐らく今回も子宮口がだいぶ開いた状態にならないと陣痛が分からないだろうと思うので

いらないスリルを味わいながら残りのマタニティ生活を満喫したいと思います。

以上、「アメリカで切迫早産での入院した時の体験談」でした!

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

ポチっとしていただけると
励みになります!

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事